2019年07月一覧

NO IMAGE

海外FX業者|デモトレードと称されるのは…。

FXをやる時は、「外貨を売る」ということから取引を始動させることもあるわけですが、このように外貨を所有することなく「外貨を売却したままの状態」のことも、「ポジションを持っている」というふうに言います。FX会社を調査すると、それぞれに特徴があり、長所もあれば短所もあるのが普通ですから、超ビギナーだと言う方は、「どこのFX業者でFX口座開設をすれば間違いないのか?」などと頭を悩ませるのではないでしょうか?最近では、どんなFX会社も売買手数料を徴収してはいませんが、その代わりという形でスプレッドがあり、それが現実的なFX会社の収益だと考えていいのです。「デモトレードをやったところで、実際に痛手を被ることがないので、精神面での経験を積むことは困難だと言える。」...

NO IMAGE

XMがお薦め|金利が高く設定されている通貨ばかりを買って…。

チャートの動向を分析して、いつ売買するかを決めることをテクニカル分析と称しますが、この分析ができるようになったら、買うタイミングと売るタイミングも分かるようになると断言します。私の主人はほぼデイトレードで取り引きを繰り返して来ましたが、昨今はより利益を獲得できるスイングトレードを採用して取り引きしています。「忙しいので日常的にチャートを覗くなんていうことは困難だろう」、「為替に影響する経済指標などをタイミングよく確認することができない」と考えている方でも、スイングトレードを採用すればそんな心配は要りません。金利が高く設定されている通貨ばかりを買って、そのまま保有し続けることでスワップポイントが貰えるので、このスワップポイントを得るだけのためにFXをして...

NO IMAGE

XMがお薦め|スワップポイントと呼ばれているものは…。

FXの取り引きは、「ポジションを建てる~決済する」を反復することだと言えます。簡単なことのように思われますが、ポジションを建てるタイミング又は決済に踏み切るタイミングは、とても難しいと感じるはずです。近頃のシステムトレードをチェックしてみると、力のあるトレーダーが構築した、「それなりの収益をあげている売買ロジック」を基に自動的に売買が完結するようになっているものがたくさんあることが分かります。FX口座開設の申し込み手続きを終了して、審査を通過したら「ログイン用のIDとパスワード」が郵便を使って送り届けられるというのが一般的な流れですが、ごく一部のFX会社はTELで「リスク確認」を行なうとのことです。FXにおいて、海外通貨を日本円で買うと、金利差によるス...

NO IMAGE

海外FX業者|スキャルピングという手法は…。

FX取引におきましては、まるで「てこ」のように低額の証拠金で、最高で25倍という取り引きが可能だというルールがあり、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と称しているのです。各FX会社は仮想通貨を使用したトレード訓練(デモトレード)環境を準備してくれています。全くお金を投資することなく仮想売買(デモトレード)ができますから、兎にも角にも体験した方が良いでしょう。FX会社といいますのは、個々に特色があり、良いところも悪いところもあるのが通例ですから、新規の人は、「どこのFX業者でFX口座開設するのが正解なのか?」などと頭を悩ませるのではないかと推察します。FXで利益をあげたいなら、FX会社を海外 FX ランキングで比較することが大切で、その上...

NO IMAGE

XMがお薦め|「FX会社それぞれが供しているサービスの内容を調査する時間がない」といった方も少なくないでしょう…。

スイングトレードに取り組む際の注意点として、売買画面に目を配っていない時などに、突然に想定できないような変動などが起こった場合に対応できるように、予め何らかの対策をしておかないと、大変な目に遭います。スキャルピングとは、数秒~数分でわずかな収益をゲットしていく超短期トレードのことで、チャートないしはテクニカル指標を活用して売買をするというものなのです。「FX会社それぞれが供しているサービスの内容を調査する時間がない」といった方も少なくないでしょう。こんな方の役に立つようにと、それぞれのサービスの中身でFX会社をFXランキングサイトで比較検証し、ランキング形式で並べました。いくつかシステムトレードの内容をチェックしてみると、他のトレーダーが考えた、「ちゃ...

NO IMAGE

デモトレードを使うのは…。

売買する時の価格に一定差をつけるスプレッドは、FX会社は勿論銀行でも別名で導入しています。しかもとんでもないことに、その手数料というのがFX会社の200倍くらいというところがかなり見られます。FX会社が獲得する利益はスプレッドが齎すことになるのですが、例えばシンガポール・ドルと日本円の取り引きをする場合、FX会社はお客さんに対して、その外国通貨の購入時と売却時の為替レートを適用するのです。今日では、どのFX会社も売買手数料を取るようなことはしていませんが、それとは別にスプレッドがあり、そのスプレッドが現実上のFX会社の収益だと考えていいのです。1日の内で、為替が大幅に変動するチャンスを捉えて取引するというのがデイトレードというわけです。スワップ収入狙い...

NO IMAGE

海外FX業者|日本の銀行と海外FX 口座開設比較ランキングで比較して…。

デイトレードと呼ばれているものは、スキャルピングの売り買いするタイミングをそこそこ長くしたもので、総じて2~3時間から1日以内に売買を終えてしまうトレードだと言えます。日本の銀行と海外FX 口座開設比較ランキングで比較して、海外の銀行の金利が高いということが理由で、スワップ金利がもらえることになっています。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXを行なう時に手にできるスワップ金利です。スプレッドと称されているのは、トレードを行なう際の「買値と売値の差」のことになります。このスプレッドこそがFX会社に支払うことになる手数料であり、それぞれのFX会社次第で表示している金額が異なっているのです。デモトレードと呼ばれるのは、ネット上だけで使える通貨で...

NO IMAGE

XMがお薦め|後々FXトレードを行なう人とか…。

スワップポイントは、「金利の差額」であると考えていただいて構いませんが、最終的に獲得できるスワップポイントは、FX会社の収益とも言える手数料を差し引いた額だと思ってください。驚くなかれ1円の値幅だとしても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益なのですが、10倍なら10万円の損益なのです。すなわち「レバレッジを欲張るほどリスクも高くなってしまう」と考えられるわけです。後々FXトレードを行なう人とか、FX会社を乗り換えてみようかと思い悩んでいる人に参考にしていただく為に、日本で営業しているFX会社を比較し、項目ごとに評定してみました。是非ご参照ください。FX取引におきましては、「てこ」の原理と同様に少ない額の証拠金で、その額の数倍という取り引きが可能になってお...

NO IMAGE

XMがお薦め|システムトレードにおきましても…。

スワップポイントに関しては、「金利の差額」であると思っていただければと思いますが、現実的に手にできるスワップポイントは、FX会社に徴収される手数料を控除した額だと思ってください。ここ最近は、どのFX会社も売買手数料は掛からないことになっていますが、それとは別にスプレッドがあり、これが現実的なFX会社の収益だと言えます。「売り買い」する時の価格に一定差をつけるスプレッドは、FX会社に限らず銀行においても異なる名称で存在しているのです。しかも驚くかと思いますが、その手数料というのがFX会社の150~200倍というところが稀ではないという現状です。大体のFX会社が仮想通貨で売買する仮想売買(デモトレード)環境を提供しています。現実のお金を費やさずに仮想売買(...

NO IMAGE

海外FX業者|最近では…。

最近では、いずれのFX会社も売買手数料はフリーにしていますが、同様なものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドというものが実質上のFX会社の儲けだと言えます。儲けを出す為には、為替レートが新規に注文した際のレートよりも有利な方向に変化するまでジッとしていなければなりません。この状態を「ポジションを保有する」と言うのです。FXに関しましては、「外貨を売る」という状態から取引のスタートを切ることもあるわけですが、このように外貨を所有せずに「外貨を売りっ放しの状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになります。トレードを行なう一日の中で、為替が急激に変動する機会を逃さずに取引するというのがデイトレードになります。スワップ収入が目的ではなく、その日...