追証なし・ハイ レバレッジの海外FXデビューするなら断トツトップのXM!
XMトレーディング(XMtrading)

デモトレードを使うのは…。

売買する時の価格に一定差をつけるスプレッドは、FX会社は勿論銀行でも別名で導入しています。しかもとんでもないことに、その手数料というのがFX会社の200倍くらいというところがかなり見られます。
FX会社が獲得する利益はスプレッドが齎すことになるのですが、例えばシンガポール・ドルと日本円の取り引きをする場合、FX会社はお客さんに対して、その外国通貨の購入時と売却時の為替レートを適用するのです。
今日では、どのFX会社も売買手数料を取るようなことはしていませんが、それとは別にスプレッドがあり、そのスプレッドが現実上のFX会社の収益だと考えていいのです。
1日の内で、為替が大幅に変動するチャンスを捉えて取引するというのがデイトレードというわけです。スワップ収入狙いではなく、その日の中で取引を繰り返し、確実に収益をあげるというトレード法だと言えます。
スキャルピングをやる時は、わずかな値幅でも確実に利益を得るというメンタリティが肝心だと思います。「更に高騰する等と考えることはしないこと」、「欲は排すること」が肝要です。

一般的には、本番トレード環境とデモトレード環境を対比した場合、本番のトレード環境の方が「毎回のトレードあたり1pips前後儲けが減る」と思っていた方がよろしいと思います。
スイングトレードを行なう場合の忠告としまして、取引画面に目を配っていない時などに、突然に大きな暴落などがあった場合に対応できるように、先に対策を講じておきませんと、恐ろしいことになるかもしれません。
デイトレードに関しましては、どの通貨ペアを選択するかも大切だと言えます。当然ですが、動きが見られる通貨ペアじゃないと、デイトレードで儲けを出すことは無理だと断言できます。
テクニカル分析には、大きく分けて2種類あるのです。チャートの形で記された内容を「人が自分の頭で分析する」というものと、「パーソナルコンピューターが機械的に分析する」というものになります。
私の妻は集中的にデイトレードで売買を繰り返して来きたのですが、近頃はより大きな利益が望めるスイングトレードを利用して売買するようにしています。

テクニカル分析を実施する時は、基本的にはローソク足で表示したチャートを使用することになります。初心者からすれば容易ではなさそうですが、完璧に読めるようになりますと、投資の世界観も変わることでしょう。
チャートの形を分析して、買うタイミングと売るタイミングの判断をすることをテクニカル分析と言いますが、この分析ができるようになれば、売買すべき時期も自然とわかってくるはずです。
デモトレードを使うのは、大体FX初心者だと想定されると思いますが、FXのスペシャリストと言われる人も主体的にデモトレードを有効利用することがあるようです。例えば新たに考えたトレード法のテストをする時などです。
スプレッドと称される“手数料”は、それ以外の金融商品と比較しても、かなり破格だと言えるのです。はっきり言いますが、株式投資だと100万円以上の取り引きをしますと、1000円程度は売買手数料を払うのが普通です。
テクニカル分析を行なう時に重要なことは、真っ先にご自身にふさわしいチャートを見つけることだと考えます。そのあとでそれを繰り返すことにより、ご自身しか知らない売買法則を見つけ出してほしいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする