追証なし・ハイ レバレッジの海外FXデビューするなら断トツトップのXM!
XMトレーディング(XMtrading)

XMがお薦め|レバレッジというのは…。

海外FX口座開設ランキング

FXに関しましてサーチしていきますと、MT4(メタトレーダー4)という単語を目にすると思います。MT4と申しますのは、料金なしで使うことができるFXソフトの名称で、利用価値の高いチャートや自動売買機能が装備されている取引ツールのことを指します。
売りポジションと買いポジションを一緒に維持すると、円安・円高のどっちに動いても利益を出すことができると言うことができますが、リスク管理のことを考えますと、2倍気遣いをすることになると思います。
5000米ドルを購入して持ち続けている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当たり前ながらドル高へと為替が動いた時には、直ぐ売却して利益を確定させます。
トレードの考え方として、「値が決まった方向に動く短い時間の間に、僅かでもいいから利益を堅実に手にする」というのがスキャルピングになります。
スキャルピングと申しますのは、一度の取り引きで1円未満という非常に小さな利幅を目論み、一日に数え切れないくらいの取引をして薄利を積み増す、非常に短期的な売買手法というわけです。

FX取引を行なう際に出てくるスワップと言われるものは、外貨預金で言うところの「金利」と同様なものです。とは言っても180度異なる点があり、この「金利」と申しますのは「受け取るばかりじゃなく払うこともあり得る」のです。
実際は、本番のトレード環境とデモトレード環境を海外 FX 比較ランキングで比較してみると、本番トレード環境の方が「1回のトレードごとに1ピップス前後儲けが減少する」と認識した方がいいと思います。
スプレッドと呼ばれているのは、FXにおける「買値と売値の差」のことです。このスプレッドこそがFX会社の儲けとなるものであり、それぞれのFX会社次第でその数値が異なっているのです。
ポジションに関しては、「買いポジション」と「売りポジション」があるわけですが、このポジションというのは、「売り」または「買い」をした後、約定せずにその状態を維持している注文のことなのです。
テクニカル分析と言われるのは、為替の変動をチャートという形で表示して、更にはそのチャートを分析することで、近い将来の為替の値動きを予想するという分析方法なのです。このテクニカル分析は、いつ売買すべきかを把握する時に行なわれます。

為替の動きを予測する為に必要なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要なのは「チャートの移り変わりを重視して、将来的な値動きを類推する」テクニカル分析の方になります。
レバレッジというのは、預けた証拠金を踏まえて、最高でその25倍の取り引きが認められるというシステムを言います。1つの例を挙げますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけるとすると、1000万円分の取り引きができるのです。
チャートの変化を分析して、売買するタイミングの判定を下すことをテクニカル分析と称するのですが、この分析さえ可能になったら、「売り時」と「買い時」も分かるようになることでしょう。
システムトレードと言われているものは、PCによる自動売買取引のことであり、前もって規則を定めておき、それに従う形で強制的に「買いと売り」を行なうという取引なのです。
少ない金額の証拠金によって大きな売買が可能なレバレッジではありますが、期待している通りに値が変化してくれれば然るべき儲けを得ることが可能ですが、その通りにならなかった場合は相当な赤字を被ることになるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする